キートス歯科医院

歯がなくなったとき

Prothodontics

キートス歯科

MENU

歯が抜けた時の治療法

ブリッジ

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット デメリット
  • 保険適用で治療費を抑えられる
  • 天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが高まる

部分入れ歯

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット デメリット
  • 保険適用で治療費を抑えられる
  • 条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
  • 固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • 装着に違和感があることが多い

総入れ歯

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

メリット デメリット
  • 保険適用で治療費が抑えられる
  • 歯茎が瘦せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • 装着の違和感、話しにくさがあることが多い

インプラント

メリット デメリット
  • 周りの歯への負担が少ない
  • 見た目は天然の歯と違和感がない
  • 自由診療のため治療費が高額になる
  • 治療期間が長い

インプラント治療の
注意点

インプラント治療は外科手術であるため、治療を受けるには全身の健康状態が良好である必要があります。また、治療期間は長く、保険適用外のため治療費は高額になりがちです。

治療の条件は、治療予定の場所に骨がしっかりとあることです。骨が足りないとインプラントを埋め込むことができないためです。骨が足りない場合は、骨移植手術を受ける必要があります。

治療後についても、毎日のケアが不十分であったり、定期的なメンテナンスを受けていないことで、インプラント周囲炎になる恐れがあります。インプラント周囲炎は、自然に治ることはないため、歯科医院で適切な処置を受けることが必要です。炎症が進行している場合は、インプラントを摘出する必要があったり、インプラントが突然抜け落ちてしまうことがあります。

インプラント治療によってこれらのような問題が起きないよう、正確な診断と定期的なメンテナンスが必要です。