キートス歯科医院

診療科目案内

General Dentistry

キートス歯科

MENU

診療案内

歯科(むし歯治療)

むし歯になってしまう原因、それはむし歯の原因となる菌が出した酸によって歯が溶けてしまうことで起こります。毎日のブラッシングが不十分だと歯の表面にプラークと呼ばれる歯垢がたまり、むし歯菌はそのプラークを栄養にして酸を排出します。 むし歯は、食事をした時に残った糖分をもとに口腔内の細菌が酸を作り出し、こ…

予防歯科(定期検診・クリーニング)

予防歯科とは、むし歯になってから治療するのではなく「痛くなる前に予防する」という考え方です。そのためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、自宅で行うセルフケアが大切です。 セルフケアだけでは、歯垢や歯石を完全に取り除くことができません。歯科医院で、定期的にクリーニング・PMTC(機械的歯面清掃…

歯周病(歯周治療)

歯周病は、30~60歳代にかけての有病率が高く、30歳代の2/3に歯周病の所見がみられます。歯を失うだけでなく、全身疾患とも関係があることが判明しております。 糖尿病や高血圧、循環器系の疾患との因果関係は様々な論文で報告されています。 歯周病菌が肺や血液を通じて全身をめぐり、さまざまなトラブルを…

小児歯科

乳歯は子供が食べ物を噛み砕く目的以外に、発音や丈夫な永久歯が生えるための準備や、永久歯を正しい位置に導くといった役割があります。その他にも、顎の骨の成長や知能の発達、正常な噛み合わせにも影響を与えます。 生えたての永久歯のことを幼弱永久歯と呼びます。この時期は歯の表面がまだやわらかくむし歯になりやす…

歯がなくなったとき

ブリッジ ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。 メリット デメリット 保険適用で治療費を抑えられる 天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない 健康な歯を削る必要がある 削った歯がむし歯や歯周病になるリスクが…

小児歯科のQ and A

気持ちが悪くて歯ブラシが口に入れられません。 市販されている洗口剤をこまめに用いるようにしましょう。匂いや味も難しい方は、毎食後の水うがいを心がけてください。歯ブラシは出来るようになってから、特に夜寝る前に磨きましょう。 妊娠中も治療を受けられますか。 妊娠中期(安定期)には通常の歯科治療が…

ホワイトニングとは

1.オフィスホワイトニング 歯科医院で行うホワイトニングです。 専用のホワイトニング用薬剤を使って、歯科衛生士がホワイトニングを致します。 ホームホワイトニングに比べ短時間で白くなり、色素沈着や抗生剤による変色にも効果があります。 2.ホームホワイトニング 自宅でホワイトニングがで…

MIとは

MI(Minimal Intervention)とは、2000年FDI(国際歯科連盟)によって提唱され、2002年ウィーン総会にてう蝕管理の原則として提言されました。 Modification of the oral flora:口腔内細菌叢の変容 Patient education:患者…