キートス歯科医院

コンポジットレジン

Composite Resin(保険の白い詰め物)

キートス歯科

MENU

コンポジットレジンとは

コンポジットレジン
歯科治療においてむし歯を削った後に詰める材料の一つです。
従来から使われている歯科用金属の詰め物に比べ、見た目が歯と同じ様に回復出来るメリットがあります。
キートス歯科で行っている、MI治療において欠かすことの出来ない歯科材料になります。

コンポジットレジンのメリット

  • 健康な歯を削らずにむし歯だったところだけ埋めることができる
  • 削った穴を周りの歯の色に合わせて詰めることができる
  • 治療は基本的に1回の治療で終了できる
  • 歯科用金属を使用していないのでアレルギーの心配がない
  • 歯に強力に接着出来る歯科用ボンディング材と併用することにより再びむし歯になるリスクを低くすることができる
  • 欠けても再治療で補修することができる

コンポジットレジンのデメリット

  • 歯科用金属に比べ強度が劣る為、欠けやすい
  • 長期間の使用で、歯科用金属に比べ摩耗が生じる
  • 長期間の使用で、変色が生じる
  • コンポジットレジンの特性上、大きな部分や強度が必要な場合は使用が難しいこと場合がある

患者様へ

むし歯のみ除去してコンポジットレジンで埋めるこの保存修復治療は、長年大学病院で培った知識と経験を生かして、当キートス歯科で実践している治療の基本になります。
コンポジットレジンと接着技術無しには当院のMI治療を具現化することはできません。
しかしながら全ての症例に対しコンポジットレジンを使用することは出来ません、治療に際して患者様のお口の状況、個々の歯の状況に応じて診断させて頂き、患者様に合った治療法をご提案させていただきます。