キートス歯科医院

歯科(むし歯治療)

General Dentistry

キートス歯科

MENU

むし歯菌はプラークの中にいます。

むし歯になってしまう原因、それはむし歯の原因となる菌が出した酸によって歯が溶けてしまうことで起こります。毎日のブラッシングが不十分だと歯の表面にプラークと呼ばれる歯垢がたまり、むし歯菌はそのプラークを栄養にして酸を排出します。

むし歯の原因

むし歯は、食事をした時に残った糖分をもとに口腔内の細菌が酸を作り出し、この酸が歯を溶かします。人の唾液には、酸を中性にしたり、溶かされた歯を修復したりする働きがあります(脱灰と再石灰化)が、一度むし歯になってしまうと修復が間に合わず、進行してしまいます。

むし歯の原因は、主に以下の3つの要素であると言われています。

1. 歯質

歯質は一人ひとり異なります。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、唾液の分泌を促進するためによく噛むことが大切です。

2. 細菌

むし歯菌が出す酸で歯が溶かされるのがむし歯です。歯磨きでむし歯菌を減らすことが大切です。

3. 糖分

糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、むし歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることが大切です。

むし歯はこうして
進行します

初期のむし歯
C1初期のむし歯

歯の表面のエナメル質が、わずかに溶けている状態。まだ痛みもなく、定期検診で見つけることができた場合、早期に対応できます。適切な歯磨きやフッ素塗布などで歯の再石灰化を促せば、治癒できるケースもあります。

歯の内部まで進行したむし歯
C2歯の内部まで進行したむし歯

エナメル質の内側にある象牙質にまで溶解が進んだ状態。「冷たいものがしみる」といった症状で気づくことがあります。むし歯に冒された部分の歯を削り、削った大きさに合わせてコンポジットレジンや金属、セラミックの詰め物や被せ物で治します。

神経まで進行したむし歯
C3神経まで進行したむし歯

むし歯が、歯の内側の神経まで達した状態。「冷たいものがしみる」「噛んだとき痛む」といった症状が加わり、後に激しい痛みに変わります。場合によって麻酔を使って神経を取り除く治療を行い、被せ物で治します。

歯の根(歯質)が失われた歯
C4歯の根(歯質)が失われた歯

歯冠部分がほとんど溶けてなくなり、むし歯が歯根まで到達した状態。神経が死んで一旦痛みがなくなりますが、歯根の先に膿が溜まることで、再び激しい痛みが生じます。抜歯を行い、抜歯後はインプラントやブリッジ、入れ歯で噛む機能を回復させます。

むし歯治療(Caries Treatment)

Minimal Intervention

MI治療とは「なるべく歯を削らないで、むし歯のみを取り除く治療」のことです。

キートス歯科医院でのむし歯治療は基本的にMIの考えも基づき行われます。

①むし歯が小さい時(C1~C2)

コンポジットレジンにて治療は1回で終了します。

②むし歯が大きくて深い場合(C2~)

初回はむし歯を出来るだけ除去して、歯髄を残せるよう最善の処置を行います。

治療回数は2回以上にに分けて行います。