キートス歯科医院

歯周病(歯周治療)

Perio

キートス歯科

MENU

歯周病

  • 歯周病は、30~60歳代にかけての有病率が高く、30歳代の2/3に歯周病の所見がみられます。歯を失うだけでなく、全身疾患とも関係があることが判明しております。

糖尿病や高血圧、循環器系の疾患との因果関係は様々な論文で報告されています。

歯周病菌が肺や血液を通じて全身をめぐり、さまざまなトラブルを引き起こすことがあるのです。病気の原因を探していたら、なんとそれが歯周病だった……というケースも少なくありません。歯周病を甘く見ず、予防とともに早期治療に努めましょう。

歯周病の症状

以下の症状にあてはまる方は、歯周病の可能性があります。
お早めにご相談ください。

  • 朝起きた時に、口の中がネバネバする
  • 歯を磨いた時に血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯と歯の間に食べ物が詰まりやすい
  • 硬いものを噛むと痛む
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする
  • 歯がグラグラする
  • 歯が浮いているような気がする
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る

歯周病の進行

軽度歯周病
軽度

歯肉に炎症が起き、歯との間「歯周ポケット」が深くなります。痛みはまだありませんが、ブラッシング時に出血することがあります。

中等度歯周病
中等度

炎症が深まり、歯周病菌が顎の骨にまで達しています。歯周ポケットが深くなり、歯はグラグラしはじめます。

重度歯周病
重度

顎の骨が半分以上溶けています。
歯周ポケットがかなり深くなり、歯はグラグラに。歯肉からは膿が出て口臭も増します。ここまでくると、最終的に歯は抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯の表面に絶えることなく形成される細菌性の塊をプラーク(歯垢)と呼びます。このプラーク(歯垢)が歯周病の原因です。

プラーク(歯垢)は歯の表面ででき、プラークからの毒素が歯肉にしみ込んでいきます。

こうして歯の磨き残し等で歯茎のまわりに残った大量のプラークが炎症を引き起こすのです。

プラークは大きい状態にならないと歯と同じ色なので見つけるのが困難です。

ネバネバですが軟らかく歯磨きで取り除くことができます。取り除かないと、石灰化して硬くなっていき、歯石がつくられます。歯石にはプラークが付きやすく、新しく軟らかいプラークがざらざらした歯石の上に急速に形成され、これが炎症を引き起こし、歯周病が進行していきます。

歯周病の治療(Periodontal Treatment)

1.掃除指導

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解した上で、正しいブラッシング方法を学んでいきます。

2.スケーリング(縁上歯石除去)

歯肉縁上歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したものです。歯に付着しておりそれ自体の病原性はありませんが、表面がでこぼこしていて、歯垢が付きやすいため、一般的に超音波スケーラーを使用して取り除きます。

3.スケーリングルートプレーニング(SRP:縁下歯石除去)

歯肉縁下歯石は歯肉溝内もしくはポケット内の感染した歯肉からの浸出液、血液由来の黒褐色の歯石です。形成される時間は歯肉縁上歯石に比べると遅いのですが、密度が高く固着力も強いため除去は困難です。一般的にハンドスケーラーを用いて取り除きます。

4.フラップオペ

歯槽骨の破壊が大きく、歯周ポケットが深い場合には、ポケットの外から器具で歯垢や歯石を取り除くことは不可能です。このような場合には、歯肉を開いて歯根を露出させ歯垢や歯石を取り除きます。

5.メンテナンス

プラークがいったん歯石になってしまうとブラッシングで除去することが困難になってしまいます。そのためプラークの段階で除去することで予防することが必要です。最も基本的な予防はブラッシングですが、個人での完全なプラーク除去は不可能とされています。治療が終わった後に継続して、良い状態を維持するには歯科医師のチェックと歯科衛生士による専門的なお口の清掃(クリーニング)を定期的に行うことが重要です。
最低でも半年に1回は定期的にチェックを受けましょう。進行した歯周病の治療が終わった方は、4ヵ月のサイクルで来院し安定した歯茎の状態を管理していくことが大切です。