キートス歯科医院

睡眠時無呼吸症候群

SAS:Sleep Apnea Syndorome

キートス歯科

MENU

睡眠時無呼吸症候群
(SAS:Sleep Apnea Syndorome)とは

いびきや睡眠時無呼吸症候群は、顎や舌が気道(呼吸の通り道)を一部または完全に塞いでしまうことで起きる症状です。

睡眠時無呼吸症
睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、起床時の頭痛などの症状があります。そのほとんどが、“閉塞型睡眠時無呼吸症(OSAS)”と言われるものです。上気道(空気の通り道)が塞がれることにより起こります。閉塞の原因は、肥満・扁桃腺の肥大・鼻の疾患・舌の肥大・顎の後退などがあげられます。また、顎が小さいと気道がふさがれやすいため、痩せているのに睡眠時無呼吸症候群を発症されている方もみられます。また、SASは生活習慣病と密接に関係しており、放置すると生命の危険に及ぶこともあります。また、SAS特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、早期に適切な治療をすることが大切です。

キートス歯科では、下顎を前方に突き出した状態で、上下の顎を固定して気道を確保する、マウスピース(スリープスプリント)による治療を行っています。この方法は導入しやすく身体に負担が少ないため、いびきと比較的軽い無呼吸症候群(軽度~中度)に広く用いられています。

マウスピース(スリープスプリント)の利点

  • CPAP(鼻にマスクをして空気を送る治療)や外科療法に比べて、患者自身の負担が少ない
  • 装着するだけで呼吸が楽になりいびきが軽減するなど、即効性が期待できる

保険適用の上下一体型マウスピース

診断書がある場合は、保険適用となります。

メリット 保険適用されるため、安価に製作可能
デメリット

上下が固定されているため

  • 下顎の位置の微調整が出来ない
  • 嚥下や咳がうまくできない

保険適用について

  1. 診断書を持参の場合のみ保険適用となります。
  2. 内科・呼吸器内科・耳鼻咽喉科・睡眠センターなどで検査を受診し「睡眠時無呼吸症」と診断された方は、検査を受けた医院で歯科医院への診断書を書いてもらって下さい。
  3. キートス歯科へお越しの際に、先の診断書と保険証をご持参ください。