キートス歯科医院

金属アレルギー

Metal Allergy

キートス歯科

MENU

金属アレルギー

金属アレルギー
ピアスや指輪、腕時計等で皮膚が赤くなったことはありませんか、口の中の銀歯もアレルギーの原因になることがあります。
銀歯の金属は様々の要因で少しずつ(イオン化して)溶け出し、体内に入ります。アクセサリーによる金属アレルギーとは異なるメカニズムで身体の中に入ってきます。
口の中での症状だけではなく、すぐに症状がでない事が多く、全く関係のないところで様々な症状がでることがあります。医科の先生でも歯科金属が原因と診断することは難しいかもしれません。

症状

  • 口内炎が頻繁にできる。
  • 唇が腫れたり、ただれたり。口唇炎や口角炎が出来やすい。
  • 全身の皮膚にアトピー性皮膚炎や手のひらや足のうらに水泡、湿疹、蕁麻疹がでる。
  • 銀歯を入れてから頭痛、めまい、肩こり、脱毛の症状がでる。

上記の症状があれば金属アレルギーの疑いがあります。

診断

パッチテスト
どの金属にアレルギーがあるかパッチテストを行うことが必要です。
どの種類の歯科用金属や歯科材料にアレルギーがあるか調べる為、歯科大学附属病院のアレルギー外来で診断を受ける必要があります。

治療方法

銀歯がアレルギーの原因であることが判明したら、全ての銀歯を除去する必要があります。
さらにむし歯を削ったあと被せ物に金属を選ばない必要があります。
レジンやセラミックを選択することで、金属アレルギーのリスクを避けることができます。

口の中に色々な金属が治療に使われている場合、金属アレルギーのリスクも高くなります。ご心配な方は、むし歯治療の際にご相談下さい。