キートス歯科医院

小児歯科のQ and A

Pediatric Dentistry Q and A

キートス歯科

MENU

妊娠中

気持ちが悪くて歯ブラシが口に入れられません。
市販されている洗口剤をこまめに用いるようにしましょう。匂いや味も難しい方は、毎食後の水うがいを心がけてください。歯ブラシは出来るようになってから、特に夜寝る前に磨きましょう。
妊娠中も治療を受けられますか。
妊娠中期(安定期)には通常の歯科治療が可能です。ただし、歯の痛みがあるようなら我慢することが母体にも赤ちゃんにも悪影響を及ぼしますので、かかりつけ医で時期に合った治療を受けてください。

こどもの歯磨きについて

6か月の赤ちゃんに歯が生えてきました、歯ブラシを使ったほうがいいですか。
まだ数本しか生えていない状態であれば、ガーゼやはみがきシート等の拭き取りで十分です。こどもの口腔ケアは以下を参考にしてください。

*歯が生えるまで

まだ歯がないためハミガキの必要性はありませんが、口の中を触られることに慣れさせるために、食後に歯ぐきのマッサージをしてあげましょう。

*歯が2、3本生えている

まだハブラシを必要とするほど汚れが付かないので、ガーゼ等で拭ってあげましょう。ハブラシに慣れさせたいときは、そっと動かす程度にしましょう。

*歯が上下合わせて8本くらい生えている

ハブラシを使い始めましょう。歯磨き粉はつけなくて大丈夫です。座りながら、立ちながらの歯磨きは危険なので、必ず膝の上に寝転んで行いましょう。 年齢や歯の本数などによって磨き方や気を付けるポイントが変わります。詳しくは検診に来てください。

その他

甘い飲み物はダメと聞きますが、スポーツドリンクや100%ジュースなら大丈夫ですか。
糖分が入っている飲み物はいずれもむし歯になりやすいです。全く飲んではいけないというわけではありませんが、飲み方を注意しましょう。

×水分補給として甘い飲み物を飲む

×哺乳瓶などに甘い飲み物を入れて、ダラダラと長時間飲ませる

×寝る前に甘い飲み物を飲む

〇水分補給は水やお茶にする

〇甘い飲み物を飲む時間を決める、一緒に甘いお菓子を食べない

〇スポーツドリンクは体調不良の時のみ、元気になったらやめる

2歳ですが未だに指しゃぶりをします。指しゃぶりを続けると歯並びが悪くなりますか。
指しゃぶりはこどもの成長過程の一つです。年齢が上がるにつれて意味合いは変わってきますが、3歳ごろまでの指しゃぶりはよくあることです。ですが、歯が生えそろってからも指しゃぶりを続けると歯並びや顎の形に影響がでる恐れがあります。3歳過ぎまで指しゃぶりを続けるようなら、お子様に合った指しゃぶりを止める方法を一緒に探しましょう。
1歳になりますが、まだ歯が2本しか生えていません。離乳食は月齢に合わせたものを与えて大丈夫ですか。
歯の生える時期はお子様によって個人差があります。離乳食は月齢ではなく、お子様が食べられる形態や形状をみて与えるようにしてください。また、生えてきた歯をすぐに使えるわけではないので、お子様の食べる様子をよく見るようにしてみてください。
小児科で舌小帯短縮症と言われました。すぐに手術が必要ですか。
特に哺乳や食事に影響がなければ急ぐ必要はありません。大きくなるにつれて、発音が難しくなったり、食べづらさを感じるようになったら考えてもいいかと思います。手術も部分麻酔の病院もあれば、全身麻酔の病院もあります。お気軽にご相談ください。